2008/03/25

聖火リレーのチベット通過に反対するSFTのアクション


Le COBOP(ペキン五輪ボイコット組織委員会)公式ロゴ

TSNJのメンバーである、SFT(スチューデンツ・フォー・ア・フリー・チベット)→SFT JAPAN →SFT U.S.A.からの世界各地のオリンピック委員会に対する呼びかけです。和訳をご紹介いただきましたので、情報として掲載いたします。
E-mail、またはプリントアウトしてJOC宛にFaxまたは郵送してください。
(手間はかかりますが、E-mailよりもFaxまたは郵送のほうが効果は大です。)

<4月1日追記>
ロイターから、本アクションについての記事が出ました
==============
【Japanese】
(財)日本オリンピック委員会
事業・広報専門委員会
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
Tel: 03-3481-2313 Fax: 03-3481-0977
URL: http://www.joc.or.jp
FAX: 03 3481 0977
EMAIL: jpn-noc@joc.or.jp

日本オリンピック協会会長様

人権と人間の尊厳を憂う一市民として、IOC及び北京オリンピック実行委員会が聖火リレーのチベット通過計画を強行しようとしていることに深く憂慮しています。

現在、チベットには言論と行動の自由はなく、全土が戒厳令下に置かれています。国際メディアによると、チベット内外域の死者は百人から五百人以上、逮捕されたり拘束されたりする人も毎日数百人~数千人に至っています。捜査令状なしの恣意的逮捕、戸別捜索、殺害、さらには児童への暴行などの報告が相次いでいることに対して、IOCも何らかの対応をすべきではないでしょうか。

聖火リレーのチベット通過は、各地の緊張をさらに高め、それに対して中国政府がさらなる暴力的弾圧を加えることの言い訳になり、間違いなくさらなる拘束、死者を生み出す結果につながります。チベットの武力制圧という未曾有の事件の直後に、何事もなかったかのように聖火リレーをチベット通過させようとすることは、2008年北京オリンピックのみならず、オリンピックの信念そのものにたいして、歴史的汚点を残すことになります。聖火リレーは祝福の行事であるべきで、誰かが誰かを支配するためのプロパガンダの一環を担ってはならないのです。

世界中のチベット人たちは、チベットでの人権状況の改善というオリンピック招致時の公約が果たされていない以上、オリンピック聖火がチベット国境を通過することを望まないという態度を以前から明確に示しています。中国政府は、聖火リレーを絶対にチベット通過させるとしていますが、これは中国に対する世界的抗議に対抗して面目を保ち、チベットの統治権は中国にあるという主張を裏付けるための政治的動機によるものです。私は、IOCが、世界からの抗議になんとしても屈しず権力と支配力を保とうとする中国政府の都合よりもチベット人の願いと本来のオリンピック精神の価値の方を大切にすることを求めます。

チベット自治区全域及び、アムドやカムといったチベット圏(現青海地方と甘粛省、四川省、雲南省)を、北京オリンピックの聖火リレールートから除くよう、至急IOCに要請して下さい。オリンピックを、本来の理想の「平和と友好の象徴」でなく、「商業主義と抑圧と人権無視の象徴」にしないでください。

世界中の良心的な人々、アスリート、そして政府がチベット支持に応じています。
「聖火リレーのチベット通過反対」の意思表示をしてください。

お願いします。

名前:


【English】
JOC
PRESIDENT Mr Tsunekazu TAKEDA
ADDRESS Kishi Memorial Hall
1-1-1 Jinnan
Shibuya-ku
Tokyo
150-8050

To the President of the NOC of [insert country],

As a citizen concerned about fundamental respect for human rights and dignity, I am deeply concerned that the International Olympic Committee and the organizers of the Beijing games are continuing with plans to carry the Olympic torch through Tibet.

Right now in Tibet, there is no freedom of speech or movement and the entire nation is under martial law. International sources report that over a hundred Tibetans have been killed and hundreds more arrested or detained. As reports spread of arbitrary arrests, house-to-house raids, killings, and even beatings of schoolchildren, it is unthinkable that the IOC would continue to move forward with 'business as usual.'

Allowing the torch to be carried through Tibet will greatly escalate tensions, giving the Chinese government an excuse to continue its violent crackdown, which will undoubtedly lead to more detentions and deaths. Allowing the torch through Tibet would indelibly tarnish not only the 2008 Olympics but the Olympic movement. The Olympic torch relay should be a celebration that unites people, not a propaganda exercise in which one people seeks to assert its dominance over another.

Tibetan people everywhere have made it clear that they do not want the Olympic torch to pass through their borders. The Chinese government's fervent desire to see the torch pass through Tibet is politically motivated, aimed at saving face despite the widespread protests, and asserting its sovereignty over Tibet. I urge you to place the needs of the Tibetan people and the values of the Olympic movement ahead of the Chinese authorities' desire to project an image of power and invincibility.

Please immediately appeal to the the IOC to withdraw the Tibetan Autonomous Region and the Tibetan provinces of Amdo and Kham - now annexed into China's Qinghai, Sichuan, Yunnan, and Gansu - from the Beijing Olympic Torch Relay route.

People, athletes and governments of conscience worldwide have responded with an outpouring of support for Tibetans inside Tibet.

Please join us in saying "no torch through Tibet" .
Thank you.
Sincerely,

3 件のコメント:

草莽崛起 さんのコメント...

以下のイベントにTSNJも参加されてはどうでしょうか?


【胡錦濤来日時に東京をチベット旗だらけにするOFF 】

とにかく世界中で日本だけが虐殺国家を歓迎してるなんて思われないようにしないといかん。
抗議活動したことない人でも参加できる、チベットの人々への応援OFF
OFF参加できなくても今日から日本中をチベット国旗でいっぱいにしよう。


中国胡錦涛総書記が英国を訪問した2日間、抗議者ら数百人が平和的な抗議(チベット国旗を揚げて)で「歓迎」した。
英国タイムズ紙によれば、ブレア首相が
「わが国は民主国家である。 国民は自由に言論表現する権利を持っている」と発言し、
平和的な抗議行動を容認する態度を示したという。
民主活動家や、チベット独立を求める団体、法輪功学習者、台湾独立の支持者などが抗議行動に参加した。(大紀元時報より)



この結果、胡錦濤のせっかくの晴れ舞台のパレード映像は中国では放送できなくなってしまいました。


このOFFのコンセプトは
東京と日本各地をチベットの旗だらけにする
紳士的な無言の抗議(空港出迎え時などは無言、大声で抗議したりしない)
デモ行進の類ではない ← ココ重要
です。



そのため、以下のことは 絶対 止めてください。
投石、投トマト、投餃子など、その他暴れること
冷凍餃子問題やガス田問題、靖国問題など他の問題を絡めること(論点はあくまでもチベット)
中国国旗を破ったり毀損したりすること
著しくマナーを欠いた行為


現状決めなければいけないこと
いつどこでどのようにして行うのか(どこかに集まってから行くのか現地集合なのかなど)←具体的なOFFの形態
このOFFについての宣伝はどのように行うのか
メディアへの取材依頼等は行うのか
チベット国旗を日本中で認知してもらう方法


http://www8.atwiki.jp/tibet_wiki/pages/1.html

TSNJ さんのコメント...

【長野での聖火リレー時に沿道をチベット旗だらけにするOFF】とバージョンを変えても面白いですね。
聖火リレー当日はSFTのイベントもありますので、 それにあわせて皆さんがそれぞれのやり方で沿道で意思表示をするととてもインパクトがありそうです。

匿名 さんのコメント...

3/22デモ参加者です。

大きな文字で

「チベットにて虐殺・民族浄化を今現在行っている国家である
中華人民共和国の威信を全世界に示すための
聖火リレーに協力しないでください!
JOCだけではなく、日本国末代までの恥となります。」

と書いてFAXを送っておきました。

コキントウ歓迎のOFFにもTSNJはぜひ参加してください。