2008/03/26

キャンドル・ライティング~Candlelight vigil~ が取材されました

西麻布の中国大使館そばで、22日以来続いている『キャンドル・ライティング~Candlelight vigil~』がOhmyNewsに取材されました。雰囲気が伝わる記事・動画だと思いますので、どうぞご覧ください。
■ OhmyNews記事
■ OhmyNews動画

毎日複数の人が集まるとは限りませんが、たとえお一人ででも、続けていっていただけたらと思います。何人ででも、続けることで意味が生まれます。
なお、夕方5時半集合とはいえ、結局6時や7時近くになってから人が集まる日も多いようです。要は都合の良い時間で、ということで。

また、このキャンドルライティングを日本全国にリレーしたい、というアイデアが今TSNJサポートMLで出てきています。
うちでもすでに実施した、うちでも計画するから宣伝して、という方は、コメントやメールでご連絡ください。できれば実施されたときのお写真やブログへのリンクも送ってください。
お友達や、家族の方と、または有志を募って、チベットを想いキャンドルを灯してみませんか。そしてそれをまとめてこのような場(TSNJなど)で発表することで、それが単なる自己満足でなく、次のアクションへつながる力になります。数がまとまれば、日本地図にマッピングして発表します。

5 件のコメント:

ポテキ さんのコメント...

本日、3/22(土)以来、初めてキャンドル・ライティングに参加しました。今日は全員で8名でした。

今日は笄公園の前に機動隊のバスが止まっていました。何かものものしい雰囲気でした。

警察の方(その都度人が代わったので、10名くらい)から何度か職務質問(?)を受けました。「何をやっているのか?」、「大使館に抗議に行ったりはしないのか?」などなど。
「我々は亡くなったチベットの方々を悼んでキャンドルライティングをしているだけです。」という回答に納得して頂いたようでしたが、本部(?)と無線で何度かやりとりされている警官もいらっしゃいました。最終的には2名の警官が我々全員が引き上げるまで、監視(?)されていました。

今後も「非暴力」と「対話による解決」の精神を忘れずに続けていきたいと思います。

ポテキ

匿名 さんのコメント...

職務質問と物々しい雰囲気。。。
OhmyNewsが配信している私たちの22日デモの報道ビデオに原因があるのかもしれませんね。最初と最後は私たちの集会や行進のシーンですが,同日,新風が主催した70名規模の攻撃的な中国大使館前での抗議活動が真中に取って付けたように挿入されています。結果として私たちが変な政治団体であるかのような印象を与える全体構成になってしまっています。これを見た警察が私達をチェックすのは,ある意味当然かなと。。。
でも,平和的な活動をしていることを明確にして,実際その通りの活動をしていれば,日本の警察は理解してくれると思います。まずは誤解を呼ぶビデオを配信しつづけているOhmyNewsに対して,TSNJは何らかの要請をすることが必要かな?と私個人は考えています。

ポテキ さんのコメント...

選んだ言葉がまずかったです。
反省しています。ゴメンナサイ。

職務質問(?)と言っても警察の権威を笠に着てという訳ではありませんので、安心して下さい。誤った報道でかなり敏感になってしまっているなぁ、という印象は受けました。

こちらが平和的な態度で接すれば問題は無いようです。警察の方には寒い中悪いような気もしていますが、夜ですから、警察の方がそばに居た方が安心、と前向きに考えたいと思います。

今日はまだ会社で仕事をしてますので、行けそうにないですが、今後も続けていきたいと思います。明日、明後日は行くつもりです。

皆さんも宜しくお願いします。

ポテキ

takeratta(tm)* さんのコメント...

OhmyNewsの記事動画ともにサーバータイムアウトしてしまいますね。
あの装甲車はいつもあの場所にあるわけで、大使館の多い港区では割と見慣れた風景です。

takeratta(tm)* さんのコメント...

数日あとでしたが、参加した写真をブログに載せています。
御参考にどうぞ。
Free Tibet Candle Lighting 2008-4-2 @Nishi-Azabu

失礼致しました。